top of page
  • ono-naikaclinic

この冬の感染症に備えて③

当院は昨年10月から熊本県より「診療・検査医療機関」の指定を受けています。「診療・検査医療機関」とは、発熱等の症状で新型コロナウイルス感染症等疑われる患者さんに対して診療・検査を受け入れる医療機関のことです。具体的には、発熱や風邪症状などの感染症が疑われる患者さんを「発熱等の患者専用の診察室」を用意して「空間的・時間的」に他の患者さんと分離して診療を行い、必要に応じて新型コロナウイルスの検査(核酸検出(PCRなど)、抗原定性検査)を行っています。これから先も感染症疑いの患者さんの受け入れを継続するため、いくつかの改善を行いました。これまではプレハブ1棟のみで手狭だったのを2棟に増やし、腹部症状の診察や点滴などの処置にも対応できるようにしました。また、新型コロナウイルスの検出は検査センターへの外注による核酸検出(PCR)と抗原定性検査のみでしたが、新に自院で核酸検出ができる機器を導入しました。これによりこれまでは核酸検出の結果をお知らせするのが翌朝になっていたところを、約20分程度でお知らせできるようになりました。当院で行う核酸検出検査は、PCRと同じように新型コロナウイルスの遺伝子(核酸)を検出する検査であり、PCRに比べて短時間(5〜13分程度)で核酸検出ができ、PCRとの一致率も93%以上である、というものです。これにより、より迅速な新型コロナウイルスの検査ができるようになりました。

最新記事

すべて表示

感染症について

新型コロナウイルス感染症の感染症法上の分類が5類に変更されて1年が経過しました。この1年の間、新型コロナウイルスの流行は9波、10波と2度の流行の波を来したばかりではなく、冬の時期には季節性インフルエンザも同時流行しました。  マスコミは5類になって以降、「新型コロナは終わった」かのような報道を繰り返していましたが、実際は流行は収まっていませんでした。ただ単に毎日感染者実数の公表をしなくなっただけ

在宅診療について

当院は在宅療養支援診療所としてを届出ており、往診・訪問診療を行っています。 当院への通院が困難である場合や、病院から退院後自宅療養されている方など、状況に応じて対応しています。 玉名郡市およびその周辺の地域で、当院以外の医療機関・介護サービス事業者との連携体制を構築し(たまな在宅ネットワーク)、患者さんの治療やケアに関する情報を共有し、お互いに協力して地域の患者さんを診ています。 情報を共有するツ

診療時間の変更

2024年2月より診療時間を変更します。 詳しくはトップページの一番下「診察案内」をご参照ください。

Kommentare


bottom of page