• ono-naikaclinic

この冬の感染症に備えて③

当院は昨年10月から熊本県より「診療・検査医療機関」の指定を受けています。「診療・検査医療機関」とは、発熱等の症状で新型コロナウイルス感染症等疑われる患者さんに対して診療・検査を受け入れる医療機関のことです。具体的には、発熱や風邪症状などの感染症が疑われる患者さんを「発熱等の患者専用の診察室」を用意して「空間的・時間的」に他の患者さんと分離して診療を行い、必要に応じて新型コロナウイルスの検査(核酸検出(PCRなど)、抗原定性検査)を行っています。これから先も感染症疑いの患者さんの受け入れを継続するため、いくつかの改善を行いました。これまではプレハブ1棟のみで手狭だったのを2棟に増やし、腹部症状の診察や点滴などの処置にも対応できるようにしました。また、新型コロナウイルスの検出は検査センターへの外注による核酸検出(PCR)と抗原定性検査のみでしたが、新に自院で核酸検出ができる機器を導入しました。これによりこれまでは核酸検出の結果をお知らせするのが翌朝になっていたところを、約20分程度でお知らせできるようになりました。当院で行う核酸検出検査は、PCRと同じように新型コロナウイルスの遺伝子(核酸)を検出する検査であり、PCRに比べて短時間(5〜13分程度)で核酸検出ができ、PCRとの一致率も93%以上である、というものです。これにより、より迅速な新型コロナウイルスの検査ができるようになりました。

最新記事

すべて表示

この冬の感染症に備えて②

当院でのこの冬の感染症対策についてお話しします。新型コロナウイルスの第5波は下火になってきましたが、この冬には第6波が来るであろうと予想されています。ただでさえ冬の時期はインフルエンザをはじめとする感染症が多くなる時期ですので、新型コロナウイルス以外の感染症に対しても備えが必要です。マスクや手洗いなどの個人での対策はもちろんですが、インフルエンザワクチン接種をしておくことも備えとしては大事なことだ

この冬の感染症に備えて①

新型コロナウイルスの第5波が下火になってきたことを受け、今日(10月1日)から日本全国の緊急事態宣言および蔓延防止重点措置が解除されることになりました。しかし、感染拡大防止の対策はこれからも継続しなければなりません。この度の第5波は、オリンピック開催やお盆の時期という人の動きが大きくなる時期に感染力の強い「デルタ株」が蔓延したこと、所謂「コロナ疲れ」で感染対策が甘くなった事などが主な理由であったと

新型コロナワクチン予約終了について(9月3日現在)

新型コロナワクチンの個別接種につきましては、玉名市からのワクチン供給が安定していないため、再三予約の見直しが行われてきました。当院では10月はじめの第1回接種まで予約を承ってまいりましたが、今般、玉名市からワクチン供給の見通しが立たないとの通知がありました。そのため、現在すでに予約をいただいている方の分は何とか確保できそうですが、それ以上の新規でのご予約はできなくなりました。よって、当院での新規予