• ono-naikaclinic

この冬の感染症に備えて③

当院は昨年10月から熊本県より「診療・検査医療機関」の指定を受けています。「診療・検査医療機関」とは、発熱等の症状で新型コロナウイルス感染症等疑われる患者さんに対して診療・検査を受け入れる医療機関のことです。具体的には、発熱や風邪症状などの感染症が疑われる患者さんを「発熱等の患者専用の診察室」を用意して「空間的・時間的」に他の患者さんと分離して診療を行い、必要に応じて新型コロナウイルスの検査(核酸検出(PCRなど)、抗原定性検査)を行っています。これから先も感染症疑いの患者さんの受け入れを継続するため、いくつかの改善を行いました。これまではプレハブ1棟のみで手狭だったのを2棟に増やし、腹部症状の診察や点滴などの処置にも対応できるようにしました。また、新型コロナウイルスの検出は検査センターへの外注による核酸検出(PCR)と抗原定性検査のみでしたが、新に自院で核酸検出ができる機器を導入しました。これによりこれまでは核酸検出の結果をお知らせするのが翌朝になっていたところを、約20分程度でお知らせできるようになりました。当院で行う核酸検出検査は、PCRと同じように新型コロナウイルスの遺伝子(核酸)を検出する検査であり、PCRに比べて短時間(5〜13分程度)で核酸検出ができ、PCRとの一致率も93%以上である、というものです。これにより、より迅速な新型コロナウイルスの検査ができるようになりました。

最新記事

すべて表示

自分の近くに陽性者がいた場合、たとえ自分が無症状であっても感染しているのではないか、と不安になり、検査を希望され、当院にお問い合わせを受けることも良くあります。そのお問い合わせの多くがが、「職場で検査してこいと言われた」とか「学校で検査してこいと言われた」といった理由によるものです。つまり所謂「陰性の証明が欲しい」ということのようです。しかし、このような検査については、現在の保険診療の取り決めと保

新しい薬剤の登場や、国の方針転換で、私達のような病床を持たない小さな無床診療所であっても、やっとCOVID-19のまともな診療ができるようになってきました。症状を有する患者さんを町の診療所で診療するという、至極当たり前のことができるようになったきたということです。 しかし、まだ問題は残っています。それは「濃厚接触者」の問題です。未だに検査で陽性になった周囲の人々を「濃厚接触者」と保健所が認定して隔

コロナウイルスも変異を繰り返し、現在流行しているオミクロン株は、それまでのデルタ株までとは明らかに異なった臨床経過をたどるようになりました。感染拡大のスピードは早く、たくさんの方が短期間のうちに罹患するようになりましたが、明らかに重症率は低下しているようです。これまでとは別のウイルスであるかのような変わり方です。どうしてこのようになったのか、まだハッキリとしたことは言えないかもしれませんが、少なく