top of page
  • ono-naikaclinic

感染対策について①

令和5年5月8日、新型コロナウイルス感染症が感染症法上の5類になったことで、世の中はまるでコロナ禍が終わったかのような反応をしています。しかし、実際は新型コロナ(COVID-19)に感染する人の数は減少しておらず、かえって増加しています。これは昨日各都道府県から発表された週報で明らかになりました。5月7日までは感染法上2類相当だったので、医師はCOVID-19と診断した場合、速やかにHER-SYSというシステムを用いて全数報告するように義務付けられており、それを都道府県が集計して公表するという手順でした。それ以外にも自己検査で陽性になった後、県の相談支援センターに自己報告した方の人数も加わっていましたが、正直自己申告する人はそれほど多くなかったでしょうし、症状があっても医療機関にも行かず、自己検査もしない人もいたでしょうから、実際の感染者数は公表された人数の2〜3倍であろうと予想されていました。5月8日以降は、医療機関からの報告は定点(行政から指定を受けた医療機関)が週ごとに集計して県に報告するようになりましたし、「コロナは終わった」かのような雰囲気なので、症状があっても医療機関を受診しない、自己検査をしないという人はこれまで以上に多くなっているでしょうから、現在の感染者数はこれまでの数倍になっているのではないかと予想されます。実際に当院を発熱で受診された方でも検査を希望されない方もいらっしゃいます。

最新記事

すべて表示

感染症について

新型コロナウイルス感染症の感染症法上の分類が5類に変更されて1年が経過しました。この1年の間、新型コロナウイルスの流行は9波、10波と2度の流行の波を来したばかりではなく、冬の時期には季節性インフルエンザも同時流行しました。  マスコミは5類になって以降、「新型コロナは終わった」かのような報道を繰り返していましたが、実際は流行は収まっていませんでした。ただ単に毎日感染者実数の公表をしなくなっただけ

在宅診療について

当院は在宅療養支援診療所としてを届出ており、往診・訪問診療を行っています。 当院への通院が困難である場合や、病院から退院後自宅療養されている方など、状況に応じて対応しています。 玉名郡市およびその周辺の地域で、当院以外の医療機関・介護サービス事業者との連携体制を構築し(たまな在宅ネットワーク)、患者さんの治療やケアに関する情報を共有し、お互いに協力して地域の患者さんを診ています。 情報を共有するツ

診療時間の変更

2024年2月より診療時間を変更します。 詳しくはトップページの一番下「診察案内」をご参照ください。

Comments


bottom of page