top of page
  • ono-naikaclinic

感染対策について③

新型コロナ(COVID-19)もインフルエンザもまだまだ流行していると思われますが、もしそうならば、どのような対策を取れば良いのでしょうか?これはこれまで3年間皆さんが続けて来た対策を続けていく・・・としか言いようがありません。「密を避け」、「マスクを着け」、「よく手を洗う」。これを続けることが「感染対策」としては身近で重要なことだろうと思います。「一体いつまで続けなくちゃいけないのか?」と思われるでしょうが、少なくとも現在の感染状況が落ち着くまでは続ける必要があると思います。

何故そうしなければならないかという理由は、新型コロナウイルスの感染の仕方が、インフルエンザとは多少異なっているからです。インフルエンザウイルスは、感染してから発症まで(潜伏期間)が短く、他の人に感染する様な状況になる(ウイルスが増殖してウイルス量が増える)のは発症後といわれています。ですから、発熱や咳・鼻水などの症状が出たらマスクを着用して人との距離を取れば他人への感染はある程度防ぐことが可能ですが、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、インフルエンザよりも潜伏期間が少し長めで、かつ発症前にウイルス量が増加する傾向にあるようですので、無症状のうちに周囲へ感染させてしまうという特徴があるようです。

最新記事

すべて表示

診療時間の変更

2024年2月より診療時間を変更します。 詳しくはトップページの一番下「診察案内」をご参照ください。

新年を迎えて

2024年が始まりました。元日早々から心が痛むニュースが続々と入ってきています。特に能登半島の大地震には驚きとともに被災地の現状が明らかになるごとに心が痛んでいます。亡くなった妻と新婚の頃、能登半島の温泉宿で正月休みを過ごしたことがありました。それから随分と年月は経ちましたが、私達夫婦にとっても思い出の場所だっただけに、とても心が痛みます。よりによって正月元日に大地震が起こるとは・・・。 熊本県も

6周年

宮原の地から現在の場所に移転し、大野医院から大野内科クリニックに名称を変更してから今月1日でまる6年が経過しました。振り返ってみますと、これまでいろんな事がありました。クリニックがオープンした1年後にがんで闘病中だった私の妻が48歳でこの世を去りました。最愛の妻でした。あの頃は落ち込みが激しく、世の中の全ての色や音がなくなってしまったかのようでした。その後は診療はもちろんのこと、妻が担当してくれて

Comentarios


bottom of page