top of page
  • ono-naikaclinic

新型コロナウイルス感染症について③

コロナウイルスも変異を繰り返し、現在流行しているオミクロン株は、それまでのデルタ株までとは明らかに異なった臨床経過をたどるようになりました。感染拡大のスピードは早く、たくさんの方が短期間のうちに罹患するようになりましたが、明らかに重症率は低下しているようです。これまでとは別のウイルスであるかのような変わり方です。どうしてこのようになったのか、まだハッキリとしたことは言えないかもしれませんが、少なくともこの1ヶ月間の全国の感染状況からは「弱毒下」の方向に向かっているようです。

このタイミングで次々と経口治療薬や新たなワクチンが使えるようになって来た事も朗報です。早ければ今年の春には国内企業で開発された新たな経口治療薬が使えるようになる、とのニュースもあります。

これまで私達診療所の医師にとっては、コロナの患者さんの診療を行いたくてもなかなかできない状況にありました。それは「防疫」が優先されていたため、たとえ軽症の方でも保健所が管理することになっていたからです。私達の診療所で検査をして陽性と診断した患者さんでも、保健所に届を出した後は私達が経過を診る事ができませんでした。私達は医師会等を通じてずっと県や保健所に患者さんを診させてくれと言ってきましたが、法律を楯になかなか許してもらえませんでした。しかし、最近の感染者激増に伴い、保健所や基幹病院のみでの診療では追いつかなくなったため、国、県もやっと患者さんの診療を私達ができるようにしてくれました。これは、本当は至極当たり前のことなのですが、2年も経ってやっと常識的な診療ができるようになったということになります。

最新記事

すべて表示

診療時間の変更

2024年2月より診療時間を変更します。 詳しくはトップページの一番下「診察案内」をご参照ください。

新年を迎えて

2024年が始まりました。元日早々から心が痛むニュースが続々と入ってきています。特に能登半島の大地震には驚きとともに被災地の現状が明らかになるごとに心が痛んでいます。亡くなった妻と新婚の頃、能登半島の温泉宿で正月休みを過ごしたことがありました。それから随分と年月は経ちましたが、私達夫婦にとっても思い出の場所だっただけに、とても心が痛みます。よりによって正月元日に大地震が起こるとは・・・。 熊本県も

6周年

宮原の地から現在の場所に移転し、大野医院から大野内科クリニックに名称を変更してから今月1日でまる6年が経過しました。振り返ってみますと、これまでいろんな事がありました。クリニックがオープンした1年後にがんで闘病中だった私の妻が48歳でこの世を去りました。最愛の妻でした。あの頃は落ち込みが激しく、世の中の全ての色や音がなくなってしまったかのようでした。その後は診療はもちろんのこと、妻が担当してくれて

Comments


bottom of page