• ono-naikaclinic

新型コロナウイルス感染症について④

新しい薬剤の登場や、国の方針転換で、私達のような病床を持たない小さな無床診療所であっても、やっとCOVID-19のまともな診療ができるようになってきました。症状を有する患者さんを町の診療所で診療するという、至極当たり前のことができるようになったきたということです。

しかし、まだ問題は残っています。それは「濃厚接触者」の問題です。未だに検査で陽性になった周囲の人々を「濃厚接触者」と保健所が認定して隔離あるいは外出自粛要請をする政策が継続されています。この「濃厚接触者」の定義を作ったのは、これまでのデルタ株までは感染者発症の2日前からウイルス増殖のピークが始まるとされていたからに他なりません。つまり、症状が出る2日前からウイルスをまき散らす可能性があるヒトがいるので、そういうヒトを「濃厚接触者」として隔離すれば感染拡大を防ぐことができる、という考えに基づいたものでした。ところがどうでしょう。これまで散々「濃厚接触者」をあぶり出し、制限を加えてきたはずなのに、感染拡大は抑えられてい来たでしょうか?もちろん、全く効果がなかったとは言いませんが、この「濃厚接触者」あぶり出しによって社会機能が低下してしまったのは事実であろうかと思います。

沖縄県等のデータによると、オミクロン株のウイルス増殖のピークは発症後2日から5日であろうと推測されるいうことです。そのため、「濃厚接触者」をあぶり出す必要はなく、感染者のみの隔離で十分感染拡大を防ぐことができるであろう、ということでした。この事から考えますと、もう「濃厚接触者」探しはやめてもかまわない、ということではないでしょうか?


最新記事

すべて表示

自分の近くに陽性者がいた場合、たとえ自分が無症状であっても感染しているのではないか、と不安になり、検査を希望され、当院にお問い合わせを受けることも良くあります。そのお問い合わせの多くがが、「職場で検査してこいと言われた」とか「学校で検査してこいと言われた」といった理由によるものです。つまり所謂「陰性の証明が欲しい」ということのようです。しかし、このような検査については、現在の保険診療の取り決めと保

コロナウイルスも変異を繰り返し、現在流行しているオミクロン株は、それまでのデルタ株までとは明らかに異なった臨床経過をたどるようになりました。感染拡大のスピードは早く、たくさんの方が短期間のうちに罹患するようになりましたが、明らかに重症率は低下しているようです。これまでとは別のウイルスであるかのような変わり方です。どうしてこのようになったのか、まだハッキリとしたことは言えないかもしれませんが、少なく

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の臨床経過が私達臨床医にとって怖かったのは、これまでのウイルス性呼吸器感染症とは異なり、発症から重症化・死亡までの経過が早いということでした。COVID-19登場以前も、「風邪をこじらせて」肺炎になる方はいましたが、これほど早い経過で死に至るまで重症化することはあまり経験していませんでした。重症化する方は肺炎球菌などの細菌性肺炎を合併することが多かったの