• ono-naikaclinic

新型コロナウイルス感染症について⑤

自分の近くに陽性者がいた場合、たとえ自分が無症状であっても感染しているのではないか、と不安になり、検査を希望され、当院にお問い合わせを受けることも良くあります。そのお問い合わせの多くがが、「職場で検査してこいと言われた」とか「学校で検査してこいと言われた」といった理由によるものです。つまり所謂「陰性の証明が欲しい」ということのようです。しかし、このような検査については、現在の保険診療の取り決めと保健所の対応によると、無症状の「濃厚接触者」は行政検査の対象となるため、保健所または県が依託した医療機関でのみ検査を受ける必要があるため、一般の診療所では検査を受けることができません。また、「濃厚接触者」以外の無症状の方が「安心のための検査」をする場合は、保険診療の対象外で自費検査となりますので、結構高額のお支払いを頂くことになります。何故高額になるかというと、検査キットそのもののコスト(医療機関側の出費)が高いためで、私達の儲けを多くしようというものでは決してありません。

最近の感染者激増のため、医療機関で用いる検査キットの品薄状態が続いています。当院でも問屋さんにお願いしてもやっと少し持って来てくれるくらいの状態ですので、できるだけ無駄なく使おうと思っています。そのため、現在無症状の方の検査は極力控えるようにしていますので、皆様にはどうぞご理解を頂きたいと思います。


最新記事

すべて表示

新しい薬剤の登場や、国の方針転換で、私達のような病床を持たない小さな無床診療所であっても、やっとCOVID-19のまともな診療ができるようになってきました。症状を有する患者さんを町の診療所で診療するという、至極当たり前のことができるようになったきたということです。 しかし、まだ問題は残っています。それは「濃厚接触者」の問題です。未だに検査で陽性になった周囲の人々を「濃厚接触者」と保健所が認定して隔

コロナウイルスも変異を繰り返し、現在流行しているオミクロン株は、それまでのデルタ株までとは明らかに異なった臨床経過をたどるようになりました。感染拡大のスピードは早く、たくさんの方が短期間のうちに罹患するようになりましたが、明らかに重症率は低下しているようです。これまでとは別のウイルスであるかのような変わり方です。どうしてこのようになったのか、まだハッキリとしたことは言えないかもしれませんが、少なく

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の臨床経過が私達臨床医にとって怖かったのは、これまでのウイルス性呼吸器感染症とは異なり、発症から重症化・死亡までの経過が早いということでした。COVID-19登場以前も、「風邪をこじらせて」肺炎になる方はいましたが、これほど早い経過で死に至るまで重症化することはあまり経験していませんでした。重症化する方は肺炎球菌などの細菌性肺炎を合併することが多かったの