top of page

6周年

更新日:2023年11月23日

宮原の地から現在の場所に移転し、大野医院から大野内科クリニックに名称を変更してから今月1日でまる6年が経過しました。振り返ってみますと、これまでいろんな事がありました。クリニックがオープンした1年後にがんで闘病中だった私の妻が48歳でこの世を去りました。最愛の妻でした。あの頃は落ち込みが激しく、世の中の全ての色や音がなくなってしまったかのようでした。その後は診療はもちろんのこと、妻が担当してくれていた事務的な仕事(経理や役所の手続き等)も、運営責任者として私が担うことになり、いつまでもヘコんではいられませんでした。家では子供達がいろいろ家事を手分けして担ってくれるようになりました。その頃、一番上の女の子は予備校生、男の子二人は高校生・中学生だったので、毎日のお弁当は私が作ることになりました。学校で皆が弁当を食べているのに、うちの子供達だけ弁当がない、という状況になるのがどうしても可哀想だったので、毎朝弁当を作って子供達に持たせました。この弁当の話をすると「すごいね」とか周りの方から言われますが、世のお母さん方は毎日こうやってるのだから、特別すごいとは思っていませんでした。

そうこうしているうちに世の中はコロナ禍に突入していき、いろんな意味で混乱はしましたが、これまでは何とか乗り切ってきました。コロナ感染症の流行は今後も続いていくでしょうから、感染対策はこれからも継続していく必要があるでしょう。これまでなんとか診療所の運営を続けることができたのは、スタッフ、関連業者の方々、ご近所の皆様、来院頂いた皆様、医師会はじめ地域医療・介護関係の皆様など、このクリニックに関わっていただいた全ての皆さんのおかげだと感じています。振り返るとあっという間の6年でしたが、これからも精進します。

最新記事

すべて表示

感染症について

新型コロナウイルス感染症の感染症法上の分類が5類に変更されて1年が経過しました。この1年の間、新型コロナウイルスの流行は9波、10波と2度の流行の波を来したばかりではなく、冬の時期には季節性インフルエンザも同時流行しました。  マスコミは5類になって以降、「新型コロナは終わった」かのような報道を繰り返していましたが、実際は流行は収まっていませんでした。ただ単に毎日感染者実数の公表をしなくなっただけ

在宅診療について

当院は在宅療養支援診療所としてを届出ており、往診・訪問診療を行っています。 当院への通院が困難である場合や、病院から退院後自宅療養されている方など、状況に応じて対応しています。 玉名郡市およびその周辺の地域で、当院以外の医療機関・介護サービス事業者との連携体制を構築し(たまな在宅ネットワーク)、患者さんの治療やケアに関する情報を共有し、お互いに協力して地域の患者さんを診ています。 情報を共有するツ

診療時間の変更

2024年2月より診療時間を変更します。 詳しくはトップページの一番下「診察案内」をご参照ください。

댓글


bottom of page